金融危機時の負の遺産がG7と主要新興国に直撃 国債償還、年内に1340兆円

 先進7カ国(G7)と主要新興経済国が年内に13兆ドル(約1340兆円)もの負の遺産に直面することが、ブルームバーグの集計で明らかになった。十数年前の世界金融危機からの経済立て直しに向け各国が発行した膨大な国債の償還が満期を迎え、過去10年で最も重い返済負担となって新型コロナウイルス危機の最中の各国
元記事で続きをみる