日英、EPAに署名へ 関税削減などEUとの協定を踏襲

 日本と英国の両政府は23日、東京都内で経済連携協定(EPA)に署名する。工業品や農産品の関税削減などについて、日本と欧州連合(EU)のEPAをおおむね踏襲する内容で、署名式には茂木敏充外相とトラス英国際貿易相が出席。今後は両国内での国会承認を経て、来年1月1日の発効を目指す。
元記事で続きをみる